仕事と睡眠の関係を考えてみる。

現在日本人の2割以上が睡眠障害に悩んでいるそうです。それだけ現代人にとって「睡眠をとる」ということは大切なことなのです。特に女性の場合生理前後に眠れないことが多かったり、ひどく疲れてイライラしたり、悩み事や心配事があるとなかなか眠れないことがあります。それが自分の仕事の一番忙しい時期に当たると、眠れないまま仕事にきりがつくまで働かなくてはなりません。家事をはじめ家の仕事は山ほどあります。女性の仕事は家庭と会社の両立ができなれば成り立ちません。これは結婚している場合もそうでない場合も違いは、熟さなければならない家事の量と何を優先して考えるかによります。「夜なかなか夜寝つけない」「やっと寝られたと思ったらすぐ目が覚める」などの障害があると、昼間仕事をしている時が非常に辛いです。「仕事に集中できない」「さっき、他の人から言われたことをすぐ忘れる」など様々な形で出てきてしまいます。早朝に起き夜は早めに寝る生活が望ましいのですが、「眠る」時間帯や睡眠時間はひとそれぞれ違います。質の良い睡眠をとることが、充実した仕事へと繋がっていきます。会社で残業をして無理を続けるより早めに切り上げ、翌朝早めに出社して残りの仕事を仕上げる方法も試してみてはどうでしょう。頭がすっきりした状態で物事を考えると結構仕事も進みます。女性が仕事をしている場合独身であればこの方法も可能ですが、お子さんや家族がある場合、自分なりの努力と家族の協力が必要となってきます。このあたりが女性の仕事としてはネックになってきます。女性としてだけでなく、ごく一般的な大人として社会に参加し、精一杯働きたいと思うのが普通です。家族や子供が働く自分の足かせになるようではと思い会社を辞めてしまう女性も多いと思います。しかし精一杯働きたいと本気で思うならば、どのあたりで「仕事と家事」の折り合いをつけていくかが分かれ道になります。このあたり家族とよく相談し協力を仰ぎ、理解してもらえることを祈るしかありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked